刺激と摩擦を減らす【洗顔で敏感肌を改善する】

レディー

顔を洗う時の注意点

美女

顔を洗う時の工夫

洗顔で顔を洗ったり、衣類が触れるだけでもぴりぴりする、赤みが出るなどの症状が出る場合、それは敏感肌の可能性があります。肌のバリア機能が低下してしまっている状態で、外からのホコリや紫外線などの刺激を受けやすい状態です。敏感肌になってしまった場合、気をつけたいケアのひとつが洗顔です。洗顔の目的は余分な皮脂や汚れを落とすことですが、必要以上に皮脂を落としてしまうと肌の水分と油分のバランスが崩れてしまい乾燥して肌のバリア機能低下に繋がります。市販の洗顔料は基本的に洗浄力が強いため顔を洗うときには、低刺激で皮脂を落とし過ぎない敏感肌用の洗顔料を利用することをおすすめします。低刺激なものを使って、正しい洗顔方法で洗うことが大切です。

肌が敏感になる生活

敏感肌の原因はさまざまなものがあげられます。朝もしっかり洗顔料で顔を洗ったり、あぶらとり紙でしっかり皮脂を取ってしまう、拭き取りタイプの洗顔をしていたり、クレンジングで皮膚に負担をかけているなどが敏感肌の原因となってしまいます。また、生活習慣でもストレスを溜め込んでいたり、食生活が乱れている、肌に合わない化粧品を使っていることなども肌に負担がかかってしまっています。敏感肌にならないためには、スキンケアだけではなく生活習慣全体を見直す必要があります。規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事、ストレスはなるべく発散するようにして、適度な運動をすることや紫外線対策をしっかり行なうことなどが効果的です。

Copyright© 2016 刺激と摩擦を減らす【洗顔で敏感肌を改善する】 All Rights Reserved.