刺激と摩擦を減らす【洗顔で敏感肌を改善する】

レディー

敏感な肌の化粧品選び

スキンケア

肌が敏感な方のケア方法

敏感肌の方で、自分に合った洗顔料が見つからないという声を耳にすることがあります。又、一時的に肌が敏感に傾いてしまった方で、洗顔料がしみるという意見を目にすることもあります。敏感肌は、色々な物質にかぶれたりアレルギー反応を起こしやすい肌質で、化粧品かぶれを起こしやすい肌質と言われており、洗顔料の選び方にも工夫が必要と考えられています。敏感肌の方の洗顔料としては、極力添加物を含まない処方のタイプが人気です。肌が敏感になっているときには、香料や着色料などが刺激になることがあるため、そのような添加物が入った化粧品を避けることで、健康な肌になるのを助ける働きがあるとされています。敏感肌用の化粧品ブランドは、肌が弱い方から支持されています。

洗浄力の穏やかなタイプを

肌はおよそ1か月周期で生まれ変わっているといわれており、その周期の中でも生理前などは肌荒れを起こしやすいと考えられています。そのため、いつもは肌に合っている化粧品でも急に合わないと感じることがあります。肌が敏感になっているときには、刺激の強い洗顔料は使わず、添加物をなるべく含まない洗顔料を良く泡だて、泡を肌で転がす様に洗うことで、肌に余計な刺激を与えず、汚れだけを取り去ることができるといわれています。上手に泡立てられない方の為に、泡立て用ネットや、泡で出てくる洗顔料などが販売されているので、洗顔時に役立てることができます。洗顔料でもあまり洗浄力が強いタイプは肌トラブルを起こすことがありますので、穏やかな洗浄力のタイプを選ぶことが推奨されています。

Copyright© 2016 刺激と摩擦を減らす【洗顔で敏感肌を改善する】 All Rights Reserved.